\自動契約機なしでOK/

トップページ

「緊急でお金が必要」
「バレずに内緒で借りたい」
「近くに自動契約機ある?」

当サイトでは、緊急でお金が必要だけど、審査にあまり自信がないという方へ早く借りれる大手の即日カードローンをご案内します。自動契約機ですぐにお金を借りたいとお考えなら、即日融資のカードローンを活用するという方法があります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日の自動契約機ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

カードローン自動契約機をご利用の際に、「身内にバレたくない」「仕事場にバレたくない」とお悩みの方へ。WEB完結できるカードローンのネット審査ならば、誰にも見られずに申し込みすることが可能です。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

キャッシング自動契約機の基礎知識コラム

お金を貸すことは、人間関係のもつれにつながります。名義を借りるのも良くありません。軽い気持ちでお金を借りようとして金融業者に年収証明書類を提出するように言われることがあります。提出したというのに年収の3分の1が借りられる額の上限でしょう。そうなったら、次に考えるのは自分以外の名前を借りて融資を受けることです。ただ、これもお金を貸してもらうのと同義ですので、避けてください。ここのところではスマホからキャッシングサービスを申し込める簡素に借りることもできます。スマホやらパソコン、携帯電話都いったものは光熱費とかの公共料金と同類と扱われるので、スマホ料金をしっかりと払っていれば信用にもなってきます。今すぐ現金が手元にないといけないのにも関わらず、蓄えが無いという悩みを抱えておられる方には、当日中にすぐにお金を借りられる即日キャッシングをお勧めさせて頂きます。大抵の即日カードローン会社の場合、即日中にご融資というサービスがありますから、キャッシングに必要な手続きをしたら、即日でお金の融資を受けることも決して難しくありません。当然のことですが、即日キャッシングの審査では勤務形態が重視されます。しかし、会社員の人と比べると、自営業者ではほとんどの即日キャッシングサービスで、審査が厳しくなる傾向にあります。自営業の業種によっては収入が安定しないので、返済期限に間に合わないといった可能性が高くなってしまうからです。中には、自営業であってもお金を貸してくれるところもあるでしょう。でも、借入限度額は低くなってしまいます。また、携帯電話しかないといった場合は、審査に合格するのはさらに難しくなります。あちこちの会社からキャッシングをして、まとめたい場合というのは当然出てくると思います。そんな場合はおまとめローンを使ってください。このローンを使うことによって、複数の借金を一まとめにすることができることとなります。返済を容易にできるようになるとてもオススメの方法です。即日キャッシングっていうのは、収入ゼロの専業主婦でも利用できるということは、ご存知でなかった方がたくさんいると思います。ただし、主婦専業でキャッシングをするには条件があり、総量規制対象外の銀行からなのであれば、キャッシングをすることが出来るのです。上手にキャッシングを活用するポイントとして、複数の業者のサービスを調べて、比べておきましょう。ほとんどのサービスには、金利やATMの数に差があるのです。誰もが気になるのが金利だと思いますが、ATMの場所を調べておくことも大切です。長期にわたってキャッシングを利用する際には、借入返済がしやすいというのも大切になります。総合情報サイトや公式ホームページなどを確認しておくと、希望の融資が受けられるサービスが分かりますし、便利に使うことができます。即日キャッシングは生活費に困った時に利用できます。少額のお金を借りて、生活費を増やすこともできてしまいます。お金が手に入ったらすぐに返済すればいいため、簡単に使える方法でもあります。もしお金が足りないときには借りるという手段も勘案してください。ちょっと前まではキャッシング申し込みの際に最低設定金額1万円の会社が大部分でした。しかし今日このごろでは千円単位で申し込みが可能な会社も増えてもし最初に借りた金額が1万円であったにしたってATMを使ってお金をおろすときには千円単位を可能としている会社もあります。複数社を利用する場合、何社までなら利用しても大丈夫という明確なラインが即日カードローンには存在しません。ただ、複数の会社を利用するとしても、最大で三社くらいです。三社を超えた利用になりますと、まだ申込の段階で、そのときの返済状態がどうであっても、落とされてしまいます。理由としては、借入件数の多い人は、他社にも返済する為に、新規借入を申し込むことも多々あるからです。もしかすると、知らない人もいるかもしれませんが、キャッシングに申し込む際に使われる無人契約機とATMとは、その用途が全く違います。契約機そのものは、ガイダンスに沿って自分で機械を操作しますが、手続きや審査をしているのは離れた場所にいる人間ですので、自動で審査されるわけではないのです。備え付けられたカメラで顔や行動は逐一チェックされていますし、場合によっては、本人確認に関する質問をされることもあります。審査の厳しさは有人の場合と変わりませんし、虚偽のことを言ってもすぐに疑われてしまいます。給料日前の急な出費というのはつらいですね。そんなときは、超短期型のキャッシングなら利用価値が高いと思います。お給料日後にすぐ返してしまえば長期にわたる返済と違って利息を気にすることもないでしょう。でも、キャッシングのメリットといえば、必要な額をあとから分割で返せることですよね。それならやはり利率の低いところでローンを組むほうがトクです。ちょっとネットで調べるくらいの時間があるのなら、金利は総返済額に響くのですからチェックしておくべきだと思います。個人で事業を営んでいる人が即日カードローンに申し込む際、どこかに雇用されてる人とは違って、収入が定期的にあるとは評価されにくく、どれくらいの借入額であったとしても、年間の収入を確認できる資料を渡さなくてはなりません。これは税務署での提出印がある確定申告書や所得証明書のほかに、役所からの課税証明書や住民税の決定通知書等で、昨年度の年収が記載されているものに限ります。一般的にキャッシングというのは、金貸しをしている会社から貸し付けてもらうのはわずかな金額を融通してもらうという場合に用いる借金の形態です。お金を貸してもらうというときには、申請時に金融事故を防ぐために保証人や担保が求められます。ただ、キャッシングというサービスの利用時には人に頼みづらい保証人の判子を貰ったり、不動産を差し出したりすることは不必要で申し込みが進んでいきます。とにかく本人という確認がとれる証明になるもの(免許証など)のみで、大部分はスムーズにお金を貸してもらうことが出来ます。即日キャッシングと即日カードローンは似ていますが、ちょっとだけ違いがあるのです。違うのはどこかというと返済の仕方が異なるのです。キャッシングの際はカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を購入したのち、翌月一括返済というパターンになりますが、即日カードローンの方は、返済する方法が分割になりますので、こちらには利子がついてしまうでしょう。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス